沖縄・島

  • ¥ 1,000
  • 1972年巡回展図録(東京、大阪、名古屋、小倉、松山) 無線綴・100頁、カラー図版あり。B5版。 あいさつより 本土と沖縄の間に横たわる断層を、いまさらながらに強く感じさせられます。戦後27年。本土の人びとはできるかぎりの善意と誠意をもって、理解への努力を払って来たはずですが、それでもなお、沖縄の人びとの期待と希望にこたえることができませんでした。それは、沖縄の心をはぐくんできた歴史への無知と認識不足によるものといえるでしょう。 いま、復帰に当たって、私たちは沖縄の歴史を正しく見つめることの重要性を痛感します。それなくしては、沖縄の現在と今後を正当に判断し、対処していくことができないからです。 この展覧会が沖縄への理解を深め、断層を埋める一助にもなれば幸いです。 1972年3月 琉球政府 大阪市立博物館 沖縄タイムス社 朝日新聞社      」